ペンギン64からのお知らせや雑記
にほんブログ村 イラストブログ キャラクターデザインへ

2018年01月10日

SSL/TLS暗号化をドメイン認証の場合、有料を選ぶメリット意味ってありますか?

SSL/TLS暗号化をドメイン認証の場合、
有料を選ぶメリット意味ってありますか?


ホームページを常時SSL/TLS化するにも、
サイト運営者を証明するレベルの違いで3パターンあり、そのうち、
企業認証(OV)と EV認証型 では高価でも大きな意味が有るのは分かりました。


・DV (Domain Validation) →ドメイン認証型
・OV (Organization Validation) →企業認証型
・EV (Extended Validation) →EV認証型


「ドメイン認証」は、年間千円台で実現できて、
企業運営ほどの高いレベルの証明が必要なく、通信の暗号化が主な重要要素とするなら、
個人の趣味サイトでも手が出せるものになっていました。


でも、去年(2017年)から、共有レンタルサーバー各社で、
無料でウェブサイトをSSL化出来る「Let's Encrypt(ドメイン認証)」を
簡単に設定できるようになりました。

と言う事は、
安価としても有料なドメイン証明SSLを取得する
メリットや意味というのは、無くなったのでしょうか?




通信の暗号化レベルは、無料も有料も、高価なEV証明だって変わり無いことは分かった、
ホームページアドレスのドメインで企業しか取得出来ない[.co.jp]の形式上、書面上の違いだけでも意味はあるのかな。

意味があるのか無いのか。

最終的に無料のLet's Encryptを選択するにしても、
単純に安くて簡単という理由はながく運営する上で重要だけれどそれだけでは選ばず、
メリットデメリットを理解したうえで、ホームページを作っていきたいのです。
posted by フシュル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブデザイン

2017年08月01日

制作雑記 browserconfig.xml

最近当サイトのアクセスログを見ていると、
[ browserconfig.xml ]にアクセスを試みるログが増えている。
何を示すファイルなんだろう。

用意しておけば、ユーザーにさらに、
もうちょっと楽しいサイトになるのでしょうか。
ちょっと調べましょうっか。




あと、appleのスマートフォン向け
アイコン画像を求めるアクセスなのは分かって、
それ用のアイコンを用意するのは、難無いけど、
パターン多いねぇ。これ、すべて用意して、
全部トップフォルダーに入れないといけないの?

apple-touch-icon-120x120-precomposed.png
apple-touch-icon-120x120.png
apple-touch-icon.png




なんて、試行錯誤も有りつつ、
ワクワク溢れるウェブサイトになるよう、
制作と運営を継続中ですっ!
posted by フシュル at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブデザイン

2015年12月26日

画像タグに height width 自動挿入したくない

ホームページ制作をしていると、
最近はCSS3やHTMI5で作ることが多いのです。
そこで気になったことですが、

ウェブサイトのオーサリングソフト
ホームページビルダー や
Dreamweaver(ドリームウィーバー)などの
実際に表示される見た目で編集できるモード(WYSIWYG)を
で高200px幅200pxの画像を挿入すると、
ソース上ではとなります。

何が気になるかというと、
height="" width="" の要素が入ってしまうのです。
これが入ってないと、
画像データを読み込み、画像サイズを測り、ページレイアウトが出来上がるのに多少時間がかかるのを、
画像読み込みを待たずに、レイアウトが構成されるので、わずかな差ですが体感早くなるというところがありました。
最近は通信速度もコンピュータも高スペックになっているので、今は違いが感じにくいですけど。
んで、これを自動的に入れない設定にしたいのです。

なぜかというと、
スマートフォンとか解像度が高い端末で見ることが多くなり、
ドットバイドットで表示してもらうことが当たり前ではなくなったからです。
ドット数で指定するより、表示サイズで指定したいためです。

他の理由もあって、
WYSIWYG対応のオーサリングソフト使いながら、
ほとんどHTMLソース直接編集をしてしまっている状態が従来より
ページ作りに時間がかかり気味なのをどうにかしたいのですが、
今後どうにか出来ないか引き続き探っていくです。
posted by フシュル at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブデザイン